about

tamatepakoの商品は
「贈りものをする時の入れもの」というテーマで制作しております。

贈りものを中に入れて、リボンをキュッとしめる。
その行為を大切にしたいので、
ワンタッチの便利なものではありません。

脇役である「入れもの」によって、
何気ない たとえ不器用な贈りものでも
贈る人や贈られる人にとって特別なものになって欲しい、
という思いから生まれたブランドです。

一言だけの手紙でも、一粒の飴玉でも、旅先で見つけた貝殻でも、
大切に届ける事が出来たら、とても素敵だと思うのです。


tamatepako HP :: http://tamatepako.tumblr.com/


profile

福岡陽子 Yoko Fukuoka  

大阪芸術大学デザイン学科卒業
その後、映像美術に携わり、グラフィック、CG、立体造形等、ありとあらゆるモノを作り続ける。
2012年より ギフトケースブランドtamatatepakoとして活動開始